安産守護を不動明王をはじめとして、子宝守護に効験のある神仏に祈願します

水子供養、厄除け、安産祈願、交通安全祈願のことなら神崎寺に

ホームアクセス > 安産祈願

安産祈願

神崎大師の安産祈願


めでたくも子宝の恵まれた妊婦さんの安産を祈願いたします。 安定期に入ります五カ月目の戌の日に“帯祝い”として安産の祈願と腹帯を授かることを古くからのならわしにしております。戌の日はお産の軽い犬にあやかったものでありますが、妊婦さんの体調が優先ですので5ヶ月目以降の体調がよろしい時期にご祈願を受けられればよろしいです。

安産祈願の護摩祈祷を行こない、守護札、身体加持、加持米、腹帯の授与(さらし以外の帯をご使用になる方はご購入の帯をご持参ください)を行います。

【祈願志納金】

壱萬円以上
-護摩祈祷札、身体加持、腹帯、加持米、安産御守り
(”さらし布”以外の腹帯を使用される方は、ご使用になる腹帯をご持参ください。ご持参の腹帯を加持して授与いたします。)

【安産御守】
出産のときまで身につける安産御守を授与いたします。
一体 - 1千円

MoreInformation

 

ページ上部へ